会社の同僚と風俗デビュー

家に風俗嬢を呼んでみた

風俗店に行き慣れている人ならきっとデリヘルを利用しようと思わないだろう。俺は基本的に自分の家の中に知らない女を入れるというのが好きじゃなくて、ずっとデリヘルを利用しないで風俗店に行っていた。仕事の帰りに軽く抜いていきたい時はご奉仕プレイが得意な女の子が在籍しているお店に行って好みのタイプをパネルから探していた。たまに、パネルとは全く別人の女の子が来て失敗したこともあったけど、約9割はちゃんとした女の子が来てくれたので十分に楽しめたと思う。たまに、ムラムラしているのか自分自身がわからない時があって、そういう時はまっすぐ家に帰った。でも、家に帰ってから妙に女の体のことばかり考えて、結局我慢できなくなって大宮のデリヘルが見つかるサイトで一度だけデリヘルを頼んだ。顔を合わせたこともない風俗嬢が家に来ると考えた時点で、興奮よりも不安の方が強くなった。でも、女の子が家に来て普通にエッチしてもらうとそれだけで大満足だったしまた家に呼びたいと思えたよ。

いろんな気を使ってくれた

自由に色々と女の子を選んで楽しめるのが風俗ですのでこの遊びは知れば知るほどはまっていきますよね。一人一人の楽しい時間を送るために店員さんがかなり真面目に考えてくれているのがよくわかります。今回自分が指名をしたこのデリヘル嬢は現役の女子大生です。若くて肌の質感とかは完璧でした。自分自身でこんなに良い気分になれるとは思ってもいませんでしたので、本当に心の底から気持ちいいと思えましたし、利用したことを後悔するなんて1%もありません。普通にしていたら絶対に知り合えないようなレベルの高いルックスの女の子です。あった瞬間にこちらは一瞬固まってしまうほどでしたね。心の底からこんなに良いデリヘル嬢と本当にイチャイチャできんのかと思ってしまうくらいにすごいレベルだったんですよ本当に。彼女は顔も良ければ性格もいいので自分は話をしていてもとても面白かったですね。細かく会話を拾ってくれる風俗嬢でしたので話しやすくてとても良い時間を送ることができました。

嫁がいない時に風俗嬢とエッチした

いつもは嫁が家にいるから他の女と遊ぶなんて絶対にできないけど、月に一度だけ嫁がいなくなる時がある。それは、嫁が友達と女子会を開くときでその時だけは遅くまで帰ってこない。このチャンスをうまく使って女の子とエッチなことをしようと思い、俺はデリヘルを利用して好みの風俗嬢を家に呼んだ。久しぶりのデリヘルだったのでルールをすっかり忘れてしまい、一応家に来た風俗嬢にルールを教えてもらってからエッチを始めた。シャワーを浴びながらキスをしていると、自然と肉棒が反応してきてそれを見た彼女は優しくシコシコしてくれた。そして、更に肉棒が大きくなっていくとバスルームでフェラも始めてくれて、気が付いた時にはもう射精寸前まで来ていた。このままでは時間をたっぷり残したまま射精してしまいそうだったので何とか我慢してみたのだが、結局彼女の口の中に発射してしまった。その後、彼女が時間をかけて愛撫してくれたけど復活することはなく、なんかもったいないような感じがした。